噛みあわせのコントロールで、インプラントを長持ちさせよう

インプラント治療は、治療を終えたらそれで終わりという訳ではありません。治療後にきちんとケアする事で、よりインプラントを長持ちさせる事ができるのです。インプラント治療を行った後に、重要なケアが噛みあわせのコントロールです。インプラント治療は金属製の、人工歯根をあごの骨に埋め込む手術を行います。この人工歯根が駄目になってしまう原因の1つに、過剰な負荷が挙げられます。天然の歯には歯根膜と言われる、クッションのような役目をする組織が存在します。また「これ以上噛んだらまずい」という事が、感覚受容体を通し感覚として、脳へと伝わります。しかし人工の歯根には、そのような感覚受容体はありませんし、クッション性も無い為、強く噛むとその力が全て骨に伝わってしまいます。知らず知らずのうちに、人工歯根やその周辺の骨に過剰な負荷がかかってしまう事で、人工歯根が破損してしまうのです。人工歯根へ過剰な負荷をかけないようにする為には、噛みあわせをコントロールする必要があります。噛みあわせは姿勢の悪さなど、悪習慣で簡単に悪くなってしまいます。インプラント治療後、噛みあわせを定期的にケアすると、人工歯根にかかる負荷を軽減し、インプラントを長持ちさせる事ができます。